覚悟とヤクザとオカマの話

覚悟とヤクザとオカマの話

ある方のSNSで
覚悟の話を書かれていました。

ヤクザという社会的に認められていない方々
オカマと呼ばれる方々が
何故、異性からモテるかというと

覚悟があるから!

なるほど、
覚悟のある人は
善悪、良し悪しに関わらず
魅力的に映るのは納得です。

勘違いでしたらすみません
自画自賛ですが
私みたいなのが道場の代表を出来ているのは、恐らくこのへんだろうなと。

昨年のテコンドー協会紛争の時

私もブログ、テレビに出て色々意見を言っていました。

もちろん
そういう時に口を出す事自体が
道場を潰されかねない可能性があるのは理解していましたが、
それでも発言しました。

門下生にとったら
迷惑だったかもしれません。

私が嫌われると
試合での審判のジャッジがキツくなるのでは、、
強化選手を選出する時に外されるのでは、、
そんな不安があったと思いますが

今考えて頂いたら分かる様に
審判員さん方の不正ジャッジはありませんし、
内の選手が今年の強化選手に選ばれました。

仮に嫌がらせをされる可能性も考えていましたが、
されたらされたで
話をするだけですし

万が一
その話し合いに負け、
私が悪者になって、どうしようもなくなった場合

道場を閉めて
門下生は他の道場に移籍して貰ったり

誰かに道場を引き継いで貰ったり

私以外の人に不利益が無いようにできる
段取りができていたので
発言しました。

だって、
先生の一番の仕事って

道場を最低な形にしてまで守る事でなく
胸を張って良いと言える道場にする事。

生徒や親御さんから信用、尊敬して貰う事ですよね。

そんな時に傍観する
黙ってしまう様な弱い人は
認めて貰えないと思うので。

(これはあの時に発言しなかった先生方を非難する物ではありません。現に私も内情がほぼ全て分かった今、発言しないのも1つの正解だったと思っています)

と、話が逸れましたが
何にしても

覚悟がある人の元には必ず人が集まっています。

小学生でも知っています。

正しい事は正しい
間違ってる事は間違ってる

難しいのは
それを誰に対してでも、どんな状況でも
死ぬまで言い続ける覚悟。

これは門下生全員に持ってほしいなと。

もちろん、そういう生き方が合わない子は
無理する必要はありません。

ただ、自分を好きになれるのって
そういう生き方ができる人だけだと思うので、

そういう生き方が良いな
と思ったら頑張って欲しいです。

と、長い長い
前置きが終わりましたが

今年はバレンタインの数が少な目でした。。
私は100個位もらっても罰があたらないはず!

来年こそは沢山貰える様に!
もっと覚悟を決めて生きていこうと
思っている所存でございます。

いや、もしかして、
バレンタインのチョコを買うお金がないから買えなかった?

・・・

なるほど
これが原因だったのかもしれません。。

そんな子は資金を投資するので申し出て下さい!

モラルやら身長、その他色々ありませんが
チョコレートを買う程度のお金はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です