もっと熱意を!

もっと熱意を!

私は
スポーツ選手(=学校の先生的な考え)でなく
格闘家(=商売人の考え)に近いです。

商売というのは
頑張っても結果が出なければサボってるのと同じ。
サボっていても結果が出ればお金が貰える。
そういう物で、

お客さんに迷惑をかけない為にも
最短で、効率よく結果を出す事が大事!

無駄な努力は
お客さんの時間や機会も奪ってしまうので
絶対に避けなければなりません。

ただ、この考えは
努力の大切さを理解できていて
努力が当たり前のようにできる
ようにならないと使えない考え方なので

努力をするのが苦手な人に向けて言ってしまうと
間違いになってしまいます。

なので
スポーツの先生という立場では
まずは生徒が熱意をもって
努力ができる様になってもらう事を
一番に考えないといけません。

また私は
テコンドーはもちろん、他のスポーツも
将来キチンと働いて、お金を稼いで、生活するのに必要な
根性や精神力、体力を養う為に習う物だと思っています。

プロになって稼げるスポーツなら別ですが、

その競技で例え世界一になっても
その競技しか能がなく
その競技で食べていけなければ
やらない方が良い。とまでは言いませんが

マイナス面が大き過ぎるので
やっぱり1つの競技に打ち込むにしても
考えないといけないと思います。

ですが、
私が選手の頃は

働くのなんてどうでも良く
キチンと生活できる様になる事にも興味がありませんでした。

死んでも良いので
とにかく強くなりたい、相手を倒したい
そんな想いでやっていたので

今まで運動した事がない
おっさんが始めたにしては、上出来な成績を出す事ができたと思っています。

そして自信がついて

選手を引退しても
次は商売で一番になってやる!
とモチベーションが続いたので

テコンドーをしていた事が
今後の人生に大きくプラスになり、良かったのですが

例えば
東大に入る為、勉強に人生を費やし
受かった途端に達成感からか
抜け殻になり、大学を辞めてしまう様な

選手を引退して
抜け殻になってしまう子もいるので

テコンドー一筋にハマらせてしまう事が
生徒にとって悪い事じゃないかと
悩んでしまっています。

そんな感じで
どういうスタンスが来てくれる生徒にとって
一番良いのか悩み続けてきましたが

最近の生徒の様子を見て思うのは

まずは
テコンドーへの熱を持ってもらい
やってもらう!

取り敢えずはこれが出来てないと
始まらないので、
こちらに力を注いでいこうと思います。

今更な話ですが
テコンドーを教えさせて貰ってるのに
将来、キチンと働いていける様になる事の方が大事!
の考えが強過ぎるせいか

生徒のテコンドーに対する
熱意を上げる事を怠っていました。

もちろん
テコンドーより
将来、仕事して、お金を稼いで
家族や周りの人を幸せにする方が
どう考えても大事ですが
それはそれ。

習ってくれている間は
そういう事を考えず無心に、
熱意をもってやってもらった方がその子のプラスになると思いました。

今までの良い部分は残しつつ、

今後は生徒の熱意を上げていける様に
頑張っていきたいと思います。

★テコンドー道場紹介★

■融心館
https://yousinkan.com/

私の師範の道場。
長居、尼崎にあります!

■融心館(八尾)
https://yamamotokotarou01.wixsite.com/yuushinkan-yao

私の先輩の道場。
八尾にあります!

■融心館(閃舞館(せんぶかん)支部)
https://senbukan.com/

私の指導させて頂ている道場。
桃谷、京橋にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です