鬱でもアグレッシブに生きれる考え方

鬱でもある程度アグレッシブに生きれる考え方

人間、皆
弱いです。

私も弱いです。
(というより、何回か鬱診断しましたが、毎回8割以上の確率で貴方は「鬱です」の結果がでます。)

ただ、考え方次第で
苦労せず
社会で強く生きていける
考え方があります。

自分の弱さが嫌だ。
強くなりたいと努力しても
上手くいかない人には役立つかもしれません。

ご参考に、、

■嫌な事は全て怒りに変える

失敗したら落ち込む事もあると思いますが、落ち込むのは時間の無駄。
失敗した自分に怒り、すぐに切り替えて、次に何をすべきか早々に考えるべきです。

アフリカ?等の
その日食べれるか分からない小さい子供達が、日本人の抱えているツマラナイ悩みを持ったとしても、取るに足らない物だと思います。

そんな子供達に負けてたら恥。
早々に強くなり、そういう子供達を救える位強くならないと。
日本みたいな恵まれた国に生まれたラッキーな人間、ましてや年上としては面目が立ちません。

落ち込む事は贅沢。
可哀想な自分に酔ってるだけ。

全ての上手くいかない事に対して、人のせいでもなく、運のせいでもなく、無能な自分への怒りに変えます。

■嫌われたらどうしよう

自分が悩むのでなく、
相手に自分から嫌われていたらどうしよう。。
と思わせてやりましょう!

人から好かれる為だけに生きても良い事ありません。
もちろん、仲良くできれば仲良くした方が良いです。
ただ、妬みや考え方の不一致で仲良くする事が難しい人も沢山いると思います。

そういう相手は
無視する!

無視できない場合は
嫌われたら嫌い返す!

どちらの方が
より相手を嫌いになるかの勝負に持ち込むのも1つの考え方です。

慣れれば
嫌われる事に喜びを感じるようになります!(笑)

■楽な方向に逃げる

小さい子供や動物をみたらよく分かりますが
人間、楽な方に逃げるのが本能としても正解です。

ただ、人間社会でそれをすると
ニートや無職行きです。

例えば
テコンドーでしんどい練習をかせられ、怪我しました。体調不良なんで、、
と嘘をついて逃げたとします。

そうすると、練習後、
なんでもう少し頑張れたのに逃げてしまったんだろう、、
と、2日、3日情けない自分の事を考えて苦しくなってしまうと思います。
(そう思わない人は、そう思えるようになる努力を!)

体力的にきつい練習と、
諦めて情けない自分を思い出して苦しむのと、
どちらが辛いと言えば明らかに後者。

なので、前者(きつい練習をやりきる)に逃げた方が楽。
と考えれば、きつい練習や仕事など簡単に頑張れると思います。




他にも色々なケースがありますが
忍耐を使うのは最終手段!

人間弱いので、耐えて耐えて
してると体も精神も持ちません。

考え方を変えれば今まで辛かった事が楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です