仕事にしても、道場にしても

仕事にしても、道場にしても
変えて良い事と、変えてはダメな事があると思っています。

それが
芯がある。ぶれてる。
考え方が柔軟。頭が固い。
と言われる元になっている物だと思います。

昨日の全日本Jr.の試合でも感じました。

昔のスタイルにこだわって同じことを何度も繰り返し、カットスタイルに通じなく負けるパターン。
小手先ばかりに頼り、勝つときは勝つが、接戦の時には基礎体力、力、精神力がなく、ここぞという時に身体が思ったように動かず負けるパターン。

上級クラスのもう一歩の選手は、この2パターンが非常に多いですね。

共通点は、どちらの選手も毎回試合のスタイル、内容があんまり変わっていない点。
自分のしたい練習だけして、弱点をほったらかしにしてるのかな?と思いました。

自分が培ってきた物に執着し、しがみ付いていてはダメ。
ただ、今までしてきた努力を信じるのも大切。

この辺の考え方が的を得、それに対して努力するのが大事ですね。

私の指導員としてのスタンスは、とりあえず
昔のスタイル、カット、何でも教えれるように頑張ります。

私自身が試合にでる時はパンチ連打 and ポイント度外視での骨折KOを狙っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。