虐められない、精神的に強くなりたい人へ

虐められない、精神的に強くなりたい人へ

精神的に強くなりたい!
と思っている人はやり方が間違っている
勘違いしているケースが多いと思います。

■何を言われても我慢する
■理不尽な事に耐える

こういう事だけが正しい。
必要だと思っていると全然解決しません。

精神的に強く見える人は我慢しなくて良い方法を考えるのが得意!
考え方、対処の方法が人と違っている場合が多いです。

例えばストレスがないのがある意味
悩みな私は

人から陰口を叩かれた時、イライラして耐えるのでなく。
あ、人に嫉まれるくらい今の自分は成功してるんか。
嫉ませて悪い事したな。
と思っています。

もちろん、
商売の利益に関わってくる事であれば、言わせておくと不利益になるので
本人には、こういう事聞いてんけど言うの止めといたってや。

と伝えるのと同時にブログのネタとして名前を伏せて投稿します。

また、暴力を含んだいじめを受けたら、
ある意味ラッキー!
証拠をビデオに収めて賠償金取れるやん!
と捉えてます。

と、
もちろん、本当にビデオに収めて賠償金取るような人間になっては駄目ですが、
そういうスタンス、気持ちが大事。

人は大きなリスクを侵してまで喧嘩を売ってきません。
自分と争うと損をする、しんどい。仲良くした方が得。
と思わせる事が1つのやり方です。

ただ、万人ウケするのは強くなる事、結果を出し続ける事かなと思います。

陰口や嫌がらせを受けるのは、相手が自分に勝てると思ってるから。
突き抜けて結果を出したり、強くなると何も言ってこなくなります。
仲の悪い人とも仲良くなれる位の余裕も出てきます。

基本的にはこっちの方が良いと思います。

別の話になりますがキツイトレーニング。
これは大怪我したり、自分の能力を大きく超えてしまう物でない限り耐えるべき、頑張るべきです。辛くても。
(もちろん、嫌々頑張るのでなく楽しみながら出来るように工夫するのが先。)

忍耐は大事ですが使い所を考えるのがもっと大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です