上達する方法vol2

10人に7人位はあてはまる内容だと思い、書いています。

子供達を見てると、

上達するスピードが早い子は、テコンドーが好きですね。

そこまで好きじゃない子は練習が努力になっていて、
好きな子は練習がある意味、遊びになっています。

好きなので、幾らでも練習できるんですよね。家でも練習したり、考えたりしてますし。そりゃ、嫌々やってる子と比べたら楽に上達できます。

私もテコンドーで努力した事がない。というのはそういう意味になります。

努力は大事ですが、努力してしても嫌々やっていて、なかなか試合で勝てない。
上達しない。
そういう子は、初心に帰り、テコンドーのどこが好きか思い返してみると良いかもしれません。

特に子供。
遊びなら1日15時間以上頑張り続ける事ができます。
それを自由にコントロールできたら、誰でもチャンピオンクラスになれると思います。

大人、特に選手もそうかもしれません。

好き嫌いのレベルでなく
試合に勝たないと、、
昇段しないと、、
その為にどんな努力でもする。

この考えも必要ですが、人によってはある意味駄目かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です