テコンドー騒動 終結

テコンドー騒動 終結

ニュースではまだまだ収まりそうにないと言われていますが
実質的にはもう終わっているのと同然の状況になっています。

というのも
今回の騒動で
悪の組織みたいなイメージになっている協会側が、事実云々どうあれ
解散しないとなったら

そんなスポーツ
誰がするねん??
と言われるレベルまで来ています。

協会側は解散しないルートを取れたとしても
イメージの大幅回復を
同時に行わないと(ほぼ不可能)

■ 入門者がいなくなり、各地の道場が潰れていく。

■ 新しい協会(団体)ができて、また分裂する可能性がある。

■ 違うテコンドー団体に移動する道場が出てくる可能性がある。

となり、どの道
会員数が激減してしまうので
詰みに近い状況になっています。

何にしても
今回の騒動で
テコンドーをしてくれてる子達に迷惑をかける形になっています。

胸を張ってテコンドーやってる!
と言える様に

騒動を1日も早く終えて
信頼して貰える様に全力投球しないと。

そろそろ
選手 対 協会
以上の問題になってくる気がします。

昨日、協会側のナンバー2の理事の方が謎の辞任したのも、
そこを察してかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です