コロナウイルスの本当の恐さ

コロナウイルスの本当の恐さ

もちろんコロナウイルスを軽くみてる訳ではありませんが、

私にとって
こういう事態になり一番恐いと思うのは

・人間性が露呈してしまう。

これかなーと。。

例えば、知り合いに
マスクやトイレットペーパーを必死に買い漁り、転売している人がいれば

付き合いをやめる。
とまではいきませんが
仕事で絡んだり、深く付き合うのは無理かなーと。
それなりの距離で付き合おうと思ってしまいます。

また

・コロナにかからない石(河原で拾ってきた石)がメルカリで売れていたり
(自作自演?)

・休みで暇な学生がゲームセンターに行き
ゲームセンターは学生だけを入場禁止にしたり

・一番危険そうな
満員電車には国もニュースもツッコミを入れていなかったり

何か、誰でも少し考えたら分かる事を
大の大人が右往左往していて
ある意味凄いなーと、、

ニュースでも


「マスクの入荷はいつ?」

「いつもないじゃない!」

「病人がいていつも買えないのに、1個くらい取り置きしてよ!」

今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます。

購入数量の規制もかかり、多く持ってきた方に説明すれば、不服そうに文句を言われます。

だけど「申し訳ありません」「すみません」と頭を下げます。きっと、「ありがとうございます!」よりも「すみません」の方が割合が多くなり、正直、ノイローゼ気味です。


みたいな出来事があったみたいで、
私も実際にコンビニで同じ様な方を見ました。

内の息子でさえ
こういう人を見たら

コイツら
自分の事しか考えてないから
イライラすると言ってました。

大人が
8歳の子供にこんな事言われてては。。

気持ちは分かります。

もちろん
命は大事ですが
命より大事な物を沢山の人が捨ててるんじゃないかなと思います。

と、私も
この状況で
何か人の役に立てる商売、ボランティアを考えています。

出来れば冷静な人はこういう時に
パニックになってる人を助けてあげて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です