これからのベストな練習方法

テコンドーはもちろん
他の格闘技スポーツもルール変更が目まぐるしく、5年も経つと別競技になっている物も少なくないです。

ルールが変わらない状態が5年も続くと
正解に限りなく近い練習方法が確立されますが、ルールがコロコロ変わる状況では
皆、手探りで練習方法を考えないといけなく、的外れな練習をしてしまっている事が多々あるのが現状かなーと思います。


そこで一歩先を進んでいるのが外国人。

常識や今まで自分達がやってきた物に縛られず、勝つ為の練習方法を理論的に考え、
自分達の好き嫌いは捨てているので、勝率が良いです。


日本はその点
古い物を捨てれない。自分で新しい物を生み出す、考えるという発想が乏しいのか

今までしてきた練習をし続け、
結果があまりに出なくなった時に
勝っている選手のしている練習(外国でしてる練習)にやっと目を向けだす傾向が強いのかなと思います。

これじゃ駄目ですよね!
自分が先駆者にならないと。


という訳で

最近は
■昔の練習(今のルールでも有効な物の中で、暴漢に襲われた時、違う格闘技のルールでも強さを発揮できる物。)
■今のルールで有効な練習
■これからスタンダードになっていくであろう練習
3つ、行うようにしています。

幸い、内には伝統系空手、フルコン空手の世界レベル選手も来てくれ
他武道の先生も来てくれています。

自分が学びに行くのに
月謝も要らず
足を運ばないで良いので楽です。(笑)


これからの練習は
私だけが考えるのでなく
道場生全員で考える方が確実に良いものが作れるので協力頂けると嬉しいです。

学ぶだけは早く卒業し、
自分達で新しい物作っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。