蹴り技を向上させたい空手選手さんへ

蹴り技を向上させたい空手選手さんへ

内の道場では空手選手さんが10名程練習に来て頂いてくれています。
■空手のサブとして来ている人
■テコンドーの試合にも出ている人
■テコンドーに転向した人
様々です。

私の方からはテコンドー道場に来ているのだから、空手の癖を抜いてテコンドーをしろなどと一切申しません!
ご本人の今までやってきた物をフル活用して頂き、目的や意志を最優先させて頂いております。

空手経験者ではどんな人が来てる?

・空手の指導員さん
・空手の選手さん(世界2連覇・日本3位)
・空手を始めて間もない方(蹴りが苦手)
様々な方が来てくれています。
年齢も小学生から30 代と幅広いです。

なぜ蹴りが苦手?

蹴りが苦手な方の傾向として、単に練習をしていない事が挙げられます。
組手中は突きとローキックのみ。これではなかなか上手くなりません。

単純に蹴りの練習が少ない。使わない。
それで身につかないケースがほとんどですので、蹴り主体の練習。

蹴りのみの組手をしてもらう事により、使えるようになってきます。

他の原因は、その方それぞれ異なりますので、何をすれば上達するかアドバイスもさせて頂いております。

必要な物は?

空手の道着や防具など使える物は全部使ってください。
一から全て揃えてもらう必要はございません!

空手の試合でどんな結果に繋がった?

こちらでの練習がどの程度貢献したかは分かりませんが、
競技人口の多い空手の試合で
世界大会2連覇
日本1位
日本3位
など結果が出ております。

テコンドーの試合での実績は?

元々が強い選手さんも沢山いますが、
現在、初出場の試合で全日本1位の選手に勝った生徒。
全日本2位、3位に勝った選手もいます。

元々習っていた空手の技術。
その子の持ち味を殺さず、活かす事を第一に考えています。

道場の雰囲気

威圧して抑えつけるような発言や叱り方はしません。
練習メニューがキツめなので、雰囲気は軽く、柔らかくしています。

最低限の上下関係はありますが、私も含め先輩にあたる者が立場を利用して偉そうにしたりと、相手を不快にさせないように気をつけています。

ご質問等ございましたら遠慮なくお尋ね下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です