言い訳

言い訳

最近、強いテコンドー門下生、選手とキョルギの練習をあんまりしない理由

本音はやりたいです。

テコンドーの防具はぶ厚く、
痛みなんて全然ないので
恐さなんて1ミリもありませんし、
そもそも痛みを伴う格闘技の方が好きなので問題ありません。

体裁だとかも気にしないので、
仮に負けて恥をかきたくないから
の気持ちもゼロです。

理由は
気付けば40歳のおっさんで
指導者という立場

(私の)骨やら折れても、血を吐いても
構わんから思い切りやってね
と言っても

相手の子が
手加減する
わざと負ける
様な気遣いをしてくれるからなんですね。。

そりゃ私も
小学生からそんな事を言われたら流石に
加減します。

そう、本気を出すに値しない。

日本トップクラスの子達とは
それ程の差がついています。

と、話が逸れましたが
生徒や後輩にそんな気遣いなんて
させたら駄目ですよね。

また、空気を読まずに
勝ちに来る子には
ポイント勝負では負けてしまうので
KO狙い

無意識に相手の
体を壊しにいってしまうので
私も本気でやらない様にしています。

体の壊し合い勝負だけは
未だ、現役テコンドー選手相手でも
負けた事がないので。

と、なんの見栄か分かりませんが

門下生や後輩に
どんな理由があれ
怪我させにいく指導者なんて
存在したら駄目!

と、言うわけで
情けないですが

自分から声をかけて
やろか。
と言うのは控えています。
(私相手で良ければ、どんどん声をかけて下さい)

門下生の練習相手にもならない様になってきてるので、
一から修行し直しです!

★テコンドー道場紹介★

■融心館
https://yousinkan.com/

私の師範の道場。
長居、尼崎にあります!

■融心館(八尾)
https://yamamotokotarou01.wixsite.com/yuushinkan-yao

私の先輩の道場。
八尾にあります!

■融心館(閃舞館(せんぶかん)支部)
https://senbukan.com/

私の指導させて頂ている道場。
桃谷、京橋にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です