組手が無くなる可能性 セーフティー組手

組手が無くなる可能性 セーフティー組手

ある格闘技。
子供同士の試合で上段蹴りが当たって
倒れた子がいて、

危ない!
との事で凄い批判する人がいた様です。

そんなん当たり前やろ。
だとか
意見は人それぞれあると思うのですが
置いておいて

その解決策?として
攻撃しない無防備な師範をボコボコにして力量を計る
セーフティー組手の試合が正式に取り入れられたのだとか。

。。

なるほど。

伝統系空手は今年から小学生の部は中段蹴りを当てたら反則。完全な寸止めに変更。

テコンドーも数年前から
ダメージを与える蹴りより、丁寧にお腹と頭に足を当てる蹴りの方が勝ちやすく。

フルコン空手も相手を倒すより、上段蹴りを2回綺麗に当てた方が勝ちやすくなってきています。

このセーフティー組手も
出て来て当然だったのかもしれません。

確実にVR(バーチャル)組手
怪我が付き物のスポーツが無くなっていき
ゲームがスポーツに取って代わる日も
時間の問題だと感じました。

昭和の時代から凄い変わったなーと。

これからの格闘技、スポーツは
もっともっとルールが目まぐるしく変わると思います。

基本が大事。
これも今は間違いである事が増えてきています。
基本がどんどん変わっているので。

昔に考えられた基本をしていたら結果が出ません。
現代のルールにあった新しい基本を見つけて実践しないと。

こうなると、もはや基本ではありません。

商売と同じく
答えの用意されていない物を
試行錯誤して正解に近い物を見つけていく
作業が必要になってきています。

考え方の柔軟さを持てないと
どんどん結果が出せなくなっていきます。

私も格闘技、信念を持っていて
頭が固くなってしまう時がありますが
柔軟に考えるべきところは考えて
頑張っていきたいと思います!

★テコンドー道場紹介★

■融心館
https://yousinkan.com/

私の師範の道場。
長居、尼崎にあります!

■融心館(八尾)
https://yamamotokotarou01.wixsite.com/yuushinkan-yao

私の先輩の道場。
八尾にあります!

■融心館(閃舞館(せんぶかん)支部)
https://senbukan.com/

私の指導させて頂ている道場。
桃谷、京橋にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です