私の目指すテコンドーの先生像

私の目指す先生像

風の噂で
私とほぼ同い年の先生が

生徒の為にマットを買ったり
練習後、皆に牛乳を飲ませたり
全て実費でしているという話を聞きました。

私は町道場なので、月謝を貰っていますが
その人は部活の先生なので自腹です。

なるほど
その先生の生徒が強くなる訳だと。

私も金銭面では
結構ボランティアよりな道場をしていますが、その先生は確実にマイナス。

私の師範や先輩もマイナスじゃないかなと。。


それが正しいかと言われると
金儲けの為に道場している先生も、生徒が満足していれば問題なし。

良い悪いを決めるのは
生徒や親御さんなので
万人にとっての良い先生、悪い先生はないと思います。

ただ、
その話を聞いて
負けてる
と思ってしまったのは
私の目指す所がその方向性だからだろうなと、、

先生や親というのは
自分の事は二の次、三の次。
子供や生徒の事を優先に考えれないといけない物だと思います。

今後の自分の道場に対する関わり方を
考えていかないとと思いました。

未熟どころか、まだまだスタートラインにも立てていなかったと反省です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です