格闘技がなくなる日?

格闘技がなくなる日?

最近のテコンドーの試合で
試合中に骨が折れた選手が続行不可になり、ノーコンテスト(試合不成立)になったという話を聞きました。

いやいや、大人。
ましてや格闘技の試合に出場するような選手なら、骨が折れた程度じゃ頑張って続けないと(笑)。

明日の予定など考えて棄権するなら負けなんじゃ、、
と疑問が湧いてきます。

空手も、小学生は中段攻撃も当てては駄目(今までは上段は寸止め。中段は当てても良いルールでした。)というルールになったのだとか。

んー、
習う子の事を考えて
ルールを考えているのかな
と思ってしまいました。

身体を鍛え、痛みを伴うからこそ
人の痛みも理解できる所にも良さがある格闘技が、怪我させたら不成立。
攻撃を当てたら反則。と見当違いな、、

これからの指導者は「その競技」というより
根本的に道場で何を教えるのか考えていかないと、
肉体的にも強くなる為に道場に来てる子達を
騙す事になってしまい兼ねないなと思いました。

何より他の格闘技の選手さん達に
こんな風にルールが変わったと聞かれたら馬鹿にされそうで嫌ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です