性格から分かる

性格から分かる
キョルギ(組手)型、プンセ(型)型

僕はプンセ(型)が下手糞で、キョルギ(組手)が得意です。

なぜか?
今日、分かりました。

最近、予兆があります。
近い日に、カラオケに誘われ、皆の前で歌う事になるであろうと。。

やるからには、勝たなければなりません。
カラオケと言えど、勝ち続けてきた僕に負けは許されないのです。

なので、友達が少ないので、1人でカラオケにいき練習しました。

そこで、採点という物をしてみました。
ま、1時間でコツをつかみ、60点から80点にまで独学で持って行けたのは才能でしょう。

ただ、
項目の中のタイミング。
声を出すタイミングは何回やっても0点です。

そこで思った事、僕は言うとおりになぞって物事を行う
型にはめられるのが嫌いなんですね。

自分の工夫、応用が入れれない物が苦手。
何回やってもできない。

会社にいた時も、言うとおりにしてるつもりでも
いつの間にか工夫、オリジナリティーを入れたがります。

ある意味、向上心があると言えば聞こえが良いのですが、
反面、使いにくい人間です。

プンセができる人はどこに行っても
決められた事をきちんとするのが得意なのか、
そつなくこなす人が多そうなイメージがあります。

反面、人に対してもそれを求めだすと、融通が利かない。メンドクサイ人。
になる。という面も持ち合わせている気がします。

キョルギができる人は天才型、もしくはニートになる可能性も秘めています。

そう考えると、自分にキョルギ、プンセ、どちらが合っているのか分かりますね。
当たってますかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です