テコンドーVS中国武武術の乱闘騒ぎ と テコンドーの流行る理由

テコンドーVS中国武武術の乱闘騒ぎ と テコンドーの流行る理由

中国武術とテコンドーの乱闘騒ぎが海外であり、テコンドーはボロ負けしたらしいです。
https://www.youtube.com/watch?v=T1FZvse03JA

色々言い訳されているみたいですが
そもそもいい大人が殴り合いの喧嘩するなよ。と思うのと

どうしても喧嘩しないといけない時は確実に勝てよと。
負けたら言い訳するなよと。


試合での勝ち負けはその格闘技の恥にならず
選手の優劣がつくだけですが

異種格闘技戦や素人との喧嘩で負けたらそりゃ、
その格闘技が弱いと見なされます。

と、これとは別の話ですが

この事件からなぜテコンドーに人気があるのかについての記事がありました。(世界レベルでみると一番競技人口が多い格闘技らしいです。)
https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Recordchina_20190508058/

なるほど、、
私は昔からよくネットでテコンドーが弱い
だとか書かれているのが嫌で
異種格闘技の試合に出て、イメージを変えようとしていましたが

仮に
テコンドー選手が色々な格闘技大会に出場して、勝ったとしても
競技人口が増えない所か
減る可能性もあるのかと、、

一般の親御さんは子に
そこまで強くなってほしくない
凶暴になってほしくない
という想いがあるようです。

確かに
フルコンタクト系の格闘技は
どんなルールでやっても強く、応用性があり
私は本物の格闘技だと思っていますが

一般的には
趣味でできなさそう
怪我するから恐い、仕事に差し支えるからできない。
と思われていそうなイメージがあるのかもしれません。

なるほど。

私が道場とは別枠で作ろうとしていた
色々な格闘技の大会に出ていく格闘技テコンドー集団
は時代に沿わない物なのか・・と思いました。

集団を作る前に私1人で留めておいて良かったです。

そういえば
プロのボクサー、キックボクサーの人は
街中で素人の人に喧嘩で負けてもなんとも思わなく、
試合で勝つ事が大事らしいです。

色々な考えがあるんだなーと思いました。

道場では気を付けているつもりですが

私のこだわりで、
どんなルールでも勝てるように想定して
教えたい気持ちが出そうになりますが
テコンドーに絞ってやらないとと。。

日々、勉強です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です