テコンドーのルール

先日の試合でまたルールが変わっていた?ので情報共有と確認の為、記載させて頂きます。

■カットモーション
カットモーションしてから蹴らずに足を下ろしたら反則ですが、ほぼ反則が取られていませんでした。
また基準が変わったのかもしれません。

■クリンチ
接近戦で相手の体に手を回すと反則ですが、相手が近くで半身になったら手を回してるように見え、反則になっていました。

また、手を回してしまってもすぐに引き抜けば反則にはなりませんが、相手の脇で挟まれて手が抜けなくなると反則になります。(笑)

審判員様方のジャッジは私の10倍以上上手い日本最高レベルの素晴らしいものでしたが、ルールがこれなのでなかなか難しいです。

常に勝つには、
どの審査員さんが、どの位ルールを知っているのか。
どの位のラフプレーで反則を取るのか。
まずはそこをチェックし、最適な戦略を組み立てる必要が出てきました。

これだけで勝率が2倍になると言っても大袈裟じゃないです。

ただ、目先の試合の結果でなく、本当に強くなろうと考えてる子は、こういう事に労力を割くより本当に強くなる練習に集中して欲しいですね、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です