本物の黒帯 狂信者のお話

本物の黒帯 狂信者のお話

格闘技をしてる人の実力を知るのに
何帯?何段?と聞くのが妥当だと思われがちですが

ベジタリアンに
どんな肉が好きなのか
聞くのと同じで
チンプンカンプンな質問になります。

強さをキチンと表した黒帯は
柔術などの黒帯だけ。

柔術の帯は
試合で同じ(自分以上)色の帯を3人以上倒さないと進級できないらしいです。

という事は
試合で何勝も上げた人しかなれないので
黒帯は確実に実力者。

衰える事はあっても
一度でも本物になった人なので
言葉には説得力があり
メンタル面も強い場合がほとんどなので、強さにおいては信頼出来ます。

他の武道の大半は
型がそれなりにできれば
黒帯になれるシステムになっているので

言い方は悪いですが
偽物が多い様に感じるんですよね。

テコンドーの黒帯の試験内容もそうなので
今までの型黒帯以外に

試験方法を見直した
組手黒帯、年数黒帯みたいな感じでカテゴリ分けをして欲しいなと思います。

でないと今の時代、
形だけの物に魅力を感じない人が
増えてきているのか
黒帯要らん。という人が増えてきてるので、、

私の意見だけだと
そうじゃないやろ。
と言われそうな人もいると思い、
他武道の黒帯も含め
色々な方に話を聞きましたが

仕事のできる人
社長さん
結果を出してる現役選手さん
の多くは組手が強くなるのに型は意味がないと言います。
(もちろん、家でゴロゴロしてるよりかはやった方がマシです。)

素人の方や、
言い方は悪いですが競技で大した結果を出した事の無い人は
連動しているだとか、意味があると言うケースが多いので

大半の人にとっては意味がない行為であるのは
間違いないと思います。

ただ、これは
日本一を取る程度では
正解だと思いますが

世界一になろうとすると
そういう事実、真理でなく
狂信的な妄想や想いがないと成し遂げれない様に感じるので

1000人に1人くらいは
型をやれば組手が強くなる
組手が強くなれば型が上手くなる
のが正解になりそうな気もします。

不可能を可能にするレベルの事をするには
中途半端に頭が良いのが一番駄目ですし。

ただ、そういう人が物を教える立場になるのは駄目です。

基本的に自分の事と夢しか見ていないので
人を見る、生徒を見るのが苦手。
自分の理想、間違った事を教えてしまうので。

と、今日も多方面に
喧嘩を売るようなブログを書いてすみません。

どうでも良いですが
こんな事を書くと狂信者、宗教が嫌いな奴と思われそうですが
どちらも好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です