教育者と経営者

教育者と経営者

なるほどなーと思った事

私は
テコンドー道場で指導員をさせて貰ってる時は教育者的な発言寄りで、
ブログや仕事の時は経営者寄りの発言をしてるつもりです。

中途半端かもしれませんが
どちら共の考えも理解できる立場から

教育者と経営者、それぞれの性質みたいなのを書いていきたいと思います。

◆求めてる物
教育者:求めてる物はお金でなく、感謝や気持ち。
経営者:利益をどれだけ上げれるかが一番大事。

◆人に対して
教育者:結果を出せない人にも親身に付き合う。
経営者:無能は切り捨てる場合が多い。

◆活躍できる場面
教育者:介護、学校の先生など、人を扱う仕事
経営者:会社員、自営業者など利益(結果)を出さないといけない仕事

◆理想と現実の考え方
教育者:理想重視。理想にとらわれ過ぎてズレた人も多い。
経営者:物事の本質を捉えれて頭の良い人が多いが、冷たいと感じられてしまう事が多い。

◆善悪の考え方
教育者:善人になる様に努める傾向あり。害のない人が多い。
経営者:善悪は基本的にどうでもよく、結果を求める。良くも悪くも尖った人が多い。

◆常識レベル
教育者:常識人が多い。但し、物事の本質をあまり見れない人が多く事業では成功しない。
経営者:常識は認知はせよ、それに従うのはアホのする事だと考える人が多く、結果を出す為に常識を捨てるのも厭わない。事業では成功しやすい。

◆メンタル
教育者:考えなくても良い事まで色々考えて、無駄に悩んだり、鬱になる人も多い。
経営者:考え方が落ち込まない様にできている。何を言われても利益に関係のない事は気にしない。ゴーイングマイウェイ。

◆金持ち度
教育者:あんまり金持ちになれない。
経営者:借金を背負う可能性もあるが、金持ちになる可能性も高い。

ま、最近は色々なタイプの人がいるので
上記が当てはまらない場合も多いかもしれませんが
私が思っている教育者像と、経営者像です。

私はテコンドーの指導者としては
経営者気質な所が多めで

夢は叶う!
ワンフォーオール、オールフォーワン
の様な言葉はあんまり好きではありません。

子供達にはこういう言葉を言った方が教育には良いのかなー
でも、あんまり言い過ぎると
ズレた子になってしまう可能性もあるし、、

だとか、
色々考える所はあります。

家での
息子に対しては
経営者寄りの考えばかり喋っています。

その結果、学校の勉強は社会に出てほとんどが無駄。
という真理に到達し、

同じ努力するなら、もっと実に繋がる事をする方が良いという感じになってきていますが、これはこれでどうなんだと。。

大事なのは匙加減、
芯は持ちつつも、その場その場によって考えを柔軟に変えれ
人の意見が自分と違っていても、適度に認めれる事かなと思います。

私が
保護者の方から求められるキャラ
門下生から求められるキャラはどんなんだろうと
そこは気になります。

良ければ教えて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です