強いメンタルを身につける方法

強いメンタルを身につける方法

メンタルの強さは
自信の強さに比例します。

メンタルを強くするには
スポーツ等でコツコツ
結果を積み重ねていくのは
非常に有効な方法ですが

その競技で結果を出していても
根本的なメンタルが強くならない人もいるんですよね。

例えば
格闘技を長年やっているのに
スポーツの日本、世界チャンピオンなのに
怒鳴られただけで萎縮してしまう人
会社で上司に怒られただけで
落ち込んで辞めてしまう人とか、、

これは今まで見てきたテコンドー選手
生徒にもいて
なんでかなー
とずっと考えていましたが
先日、ある社長さんと話をしてる中で何となく見えてきました。

それは
生き死にがかかってない
勝負をしていないのが原因かなと思います。

スポーツに命を懸けてる選手も沢山いると思いますが
負けても死ぬことはありません。

逆に命がかかってる物。

それは商売・経営。
商売人、経営者と呼ばれる人の大半は
全てに通じる強いメンタルを持っている場合が多いです。

商売、経営という
競合会社に負けると食べていけなくなる

簡単に辞める事も、逃げる事もできない
生きるか死ぬかの勝負をしてるので、
メンタルが異様に強くなっていくのだと思います。

生きるか死ぬかの勝負。
子供(大人もですが)で言うと
喧嘩ですよね。

自分の意見(存在)を押し通すのか
相手に屈服してしまうのか

逃げた先には
ずっとまとわりつく自分への嫌悪感や
自信喪失が残ります。

もちろん
喧嘩しろ
と言ってる訳じゃありません。

ただ、
ここぞという時に
喧嘩できる気持ちを持っていない子(人)は
どんな分野で成功していても
何か足りていなく、自信がなく
弱々しい子が多いです、、

また、
私のいう
喧嘩は一方的な暴力でなく
人と人との
存在意義をかけた勝負。

その喧嘩で
絶対に勝ったる
という気持ちがないと
根本的に強くなれない気がします。

テコンドーや空手などが多少強くなって
結果を出しても
黒帯を取っても

この辺が欠けていると
その世界だけの技術、勲章。。

勘違いが無いように、、

クレーマーや
モンスターペアレンツの攻撃性は別です。
あれは根本的にズレてるので。。
ただの我儘による迷惑行為です。

この辺の解釈を勘違いすると
大変なので気をつけてほしいと思います。

と、色々書きましたが

喧嘩は基本的にしたら駄目!
人とはまずは仲良くなる事に努めるべきです。

争う価値のない者に対してはスルーも必要

ただ、
スルーしたら駄目な場面、相手に対して
引いたり、逃げたら駄目!

内の道場は
スポーツ選手の素直さ、真面目さ
経営者のメンタルの強さ、頭の良さ

どちらとも学べる環境にしていきたいと思います。

★テコンドー道場紹介★

■融心館
https://yousinkan.com/

私の師範の道場。
長居にあります!

■融心館(八尾)
https://yamamotokotarou01.wixsite.com/yuushinkan-yao

私の先輩の道場。
八尾にあります!

■融心館(閃舞館(せんぶかん)支部)
https://senbukan.com/

私の指導させて頂ている道場。
桃谷、京橋にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です