内の道場生で伸び悩んでる子の原因

【その他のブログ】最低な道場
内の道場、私の力は微々たる物ですが
他の格闘技をしている子、他の道場にいた人が内の道場に来てくれると、急に結果がでる事が多々あります。

日本はもちろん、アジア、ヨーロッパ上位になったケースが何回かあります。

ただ、内の道場からはじめて格闘技(テコンドー)を始めた人が上位選手になった数は少ないです。
その理由を考えてみました。


基礎(技を使う為の筋力や敏捷性など)は足し算
技は掛け算
というのがしっくりきます。

基礎ばかりしていては
1+1+1+…
と強くなるのに凄く時間がかかります。
(ただ、着実に強くなります)

技は
上手くはまれば力が一気に2倍、3倍になります。

私の教え方は
基礎練は自分でもできるから自分でしてね。
道場ではできる限り「技」を教えるから。
みたいなスタンスでやっています。
(体の各部位を連動させて力を倍にする方法方や、スピードを何倍かにする蹴り方等がそれに当たります。)

その結果
基礎を持ってる子は
掛け算方式で一気に強くなる事も多いのですが、

基礎がなければ、
0×5=0みたいな感じになり、なかなか上達しません。

自主練をするという前提の教え方なので、自主練しなければあんまり上達しないんですよね。


ただ、内の門下生は
週一や週二位しか練習に来れない門下生が大半なので、そういう状態の中
全日本や上級で勝てる力を身に着けてもらうには、このやり方以外思いつかないんですよね。

初級優勝までは最短で上達しますが、そこから上に行くのが困難なパターンが多い原因もこれです。


この解決には、
自主練のモチベーションを上げる提案や言葉掛けができるか。
練習に来てもらう回数を増やせるか。
という所になります。

ただ、
いい案が思いつかないので、
最近、基礎を増やしています。


自主練は例えば、
柔軟、ランニング、筋力、体幹トレーニング、反復練習
など、本当に教える必要がない物なので、強くなりたい人は家でもやってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。