世界に勝つテコンドー

昔、ロッキーという
素人ボクサーが世界チャンピオンを倒して
世界一になる映画がありました。

現実でも
格闘技未経験のボブ・サップがK-1チャンピオンを圧倒して倒した試合がありました。

格闘技に興味がない人でも
観てみたい、惹かれるのはそういう
常識を覆すような試合だと思います。


自慢になりますが

内の門下生達、初出場でかなり上手い日本1位、2位の選手さん達に勝ちました。

40を超えたおっちゃんも
大学生相手に45対10の大差で勝つ試合をしたり

皆がどうせあかんやろ。
と思ってしまうような試合でも
テコンドーの常識から逸脱するような独特なやり方で結果を出してくれています。


ここで1つ
試したいのが

①相撲
張り手で10回押し出したら勝ちです。
(手をグーにしてパンチぽくする必要があります)
テコンドーの世界一の選手でも、プロの力士相手だと押し出されてしまうと思います。

50ポイント位取られると思いますが、10回相手をこかす。コートからパンチや蹴りで押し出すと試合終了です。


②強打のムエタイ、キックボクサー
ポイント制の競技ですが、KOもあります。

テコンドーは足で蹴りをブロックしたら反則。なのでガードは腕でしないといけません。ただ、腕でガードすると折れる事が多々あります。

強打の蹴りができる選手。


普通にテコンドースタイルを身に着け
テコンドーをして勝つのは
同じことをもっと沢山の時間をかけている相手には通用しにくい上に、それをしている選手は山ほどいます。

向き不向きにも左右され、
練習相手や環境も必要です。

万人に希望のある方法じゃないです。


なら、オーソドックスな方向に加えて

テコンドーをする全ての選手に勝てる可能性を提示できるように
上記のような違う方向からも
新しいテコンドーを生み出さないと。


内の門下生の中からはもちろん

我こそは!と思う
テコンドーの試合にでてくれる
他の格闘技選手さん、素人の力自慢の方がいれば連絡して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です