ボランティアや公的機関の仕事の質が低くなりがちな理由

ボランティアや公的機関の仕事の質が低くなりがちな理由

コロナになり学校が休みになりましたが、
大手の塾は自宅でできるネットを使った勉強システムを生徒に紹介している様です。
肝心の学校は宿題を出す程度。
しかも先生によっては何もなし。。

この差・・

学校というのは
先生は、頑張らなくても生徒は来ますし、教え方が下手でも給料がでます。

塾は頑張らないと生徒が来ない。
教え方が下手だとにクビになる。

この差により
これだけの意識、質の差に繋がっていると思います。

もちろん
学校の先生にも有能な人はいますし、頑張っている人はいます。

ただ、どうしても
学校という公的機関の枠の中では、色々な制限があるのか
頑張っていも限界がありますし(本来はレベルに合わせた少人数制、個別指導がベストです。そういう面も含めて。)
やってる事の質は低くなるんだろうなと。

ただ、現実問題
コロナで学校が休みになり
結局、子供達の貴重な時間を無駄に使わせているという事実がある限り

学校は質が低い
塾の方が有能。
となってしまいます。

この辺は嫁さんも言ってましたが
学校の存在意義が問われるんだろうなと、、

話は少し逸れましたが

ボランティア、結果を出せなくても給料が出る人達の仕事。
結果を出さないと給料をもらえなく、生きていけない人達の仕事。
この差は大きいというを言いたかった感じです。

学校は、このままのスタイルから変えれないのであれば
モラルやコミュニケーション能力、
人として最低限必要な物。
そういう事を教える場に所に特化して、

勉強は外部の民営機関と連携した方が良いかもしれません。

★テコンドー道場紹介★

■融心館
https://yousinkan.com/

私の師範の道場。
長居、尼崎にあります!

■融心館(八尾)
https://yamamotokotarou01.wixsite.com/yuushinkan-yao

私の先輩の道場。
八尾にあります!

■融心館(閃舞館(せんぶかん)支部)
https://senbukan.com/

私の指導させて頂ている道場。
桃谷、京橋にあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です