テコンドーの審判について

ここ数年のテコンドーの試合、
試合会場の色々な所から結構不満の声が出ています。
ミスジャッジが多すぎると。

公にこういう事を書くのは
良くありませんが、

そういう話を多方面から聞いているのに
自分の立場を悪くしないが為に書かないのは卑怯なので

なぜミスジャッジが多いのか、私なりの見解ですが説明させて頂きます。


まず、日本の審判員さんで
私の知ってる方は
人間ができていらっしゃる方ばかり。
勘違いはあるかもしれませんが、故意に贔屓してる事はないと思います。

ただ、国際なんたらの大層な名前の審判ライセンスを持ってる外国の有名な審判員の方々のジャッジも、YouTubeなどのビデオをじっくり見るとミスだらけです。


その原因ですが

■ルールが多すぎる
■ルールがコロコロ変わる。3ヶ月に1回くらい(覚えきれない)
■ルールの解釈でどうとでも取れる
■人間の目で判別がつきにくい細かいルールが多数ある

他にもあげたらきりがありません。


また、審判員さんもボランティアで
お世話になってる先生が開催する試合なので恩返ししないと。
テコンドーが好きだから少しでも手伝いができれば。
みたいな方だけで構成されており

普段、審判の練習をしてる方はまずいないと思います。
そりゃ、それで給料をもらっているなら完璧なジャッジをしないといけませんが、ボランティアなので不可能です。


要はルールを考えてる人の頭があまり良くない事から起こるんだと思います。

選手にルールの穴を突かれないかきちんと考えてルールを作る
素人が見て分かるルール
誰でもある程度ジャッジできるような分かりやすいルール

最低、そういう所を考えて作らないと。。


ただ、
選手からするとそれは関係のない話。

試合は長い時間かけて練習した事を試す場で、
無料でなく、試合の参加費を支払っています。
ミスされたらたまったもんじゃないです。

と、上記が現状だと思います。


ただ、悪意があってミスが起こっている訳ではないので
そこに愚痴っても状況は良くなりません。
その状況を踏まえてどうすれば結果を出せるか。
それを考えるようになって欲しいと思います。

例えば、

■ビデオで試合を取り、ミスが起こったら抗議する。
■故意の贔屓ジャッジならYoutubeにでもアップして広める
■KOする。(誰が見ても明らか)
■圧倒して勝つ。(まぁ、相手も練習頑張っているので難しいですが)

他にも沢山あります。


ただ、テコンドーはかなりましな方だと思います。

多くのスポーツでは当たり前のように、
大会主催者の関係者、息子さん、娘さんが勝つように審判が買収されているケースが多々あります。

テコンドーのルールの方向性として
人間任せのジャッジをどんどん無くしていく方向で動いているので、そこには希望が持るんじゃないかと。


またまた最後に
こういう事をSNSなどで書く人が増えてほしいと思います。

私も毎回、こういう事を書くのはしんどいなーと・・

若い子が勢いで口走ってしまうなら多少許してもらえますが、私のようなオッサンになると許してもらえない・・ (笑)

皆がやれば
あ、こういう事を書いた方が良いんだ。
という風潮になっていくので
書く人が沢山出てきてほしいです。

今のテコンドーはもちろん、
ニュースでも最近よく取り上げられていますが、大半のスポーツで色々問題があります。

スポーツをやる人、1人1人に沢山の恩恵や成長がある物にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です