テコンドーの審判について(前回の続き)

空手やテコンドーで日本一になる子の親に経営者、社長さんが多い理由①

前回のブログ

https://taekwondo-blog.com/%e5%af%a9%e5%88%a4%e3%81%ae%e5%8d%b1%e6%a9%9f%e7%9a%84%e7%8a%b6%e6%b3%81/

で何のツッコミもなかったら
書くつもりはありませんでしたが
当然ありましたので、補足させて頂きたいと思います。

敢えて、失礼な事を書かせて頂きました。

まるで今の審判員さんが被害者。
AIが審判をするまでの使い捨て。
と言ってるのと同じような書き方を。

ただ、現状
被害者だと言ってもいい位
審判員さんは苦労されています。

もちろん全てがそうではありませんが

私は審判をさせて頂いていた十年。

お世話になった方々への恩返しだと思い

自分の生徒達を放ったらかしにして審判。
生徒が試合に負けて泣いていても声をかけにいけない。

未だに試合会場を歩いていると
選手がミスジャッジをされて泣いて、親御さんもキレて、、
そんな事が起こっています。

もちろん、これは一部で
審判に誇りをもってやっていらっしゃる方、
その審判員さんに感謝して試合している子も沢山いますが
全てではない事は事実です。

選手や親御さんの立場

結構高い出場費を支払ってるのだから
完璧にジャッジされて当たり前。

審判員さんにクレームを言えて当然。

審判員さんの立場

謝礼はありますが
時給200円〜400円になる事もあります。

遠方から来られる方は交通費でマイナスになる事も。
そんな中、批難される事もあります。

運営者の立場

電子防具のレンタル料は1回30万~60万円です。
参加者が集まらなければ赤字になるリスクがあります。

この、
審判員さん、選手、親御さんを
被害者でないと言うなら
厳し過ぎる。

そういう考え方もあると思います。

被害者でなければ、審判不足になっていないはずですし。
もう試合に出ない。とキレる選手もいないはずです。

私もこんな現状をどうにかできないか
協力したいのですが
仮に私が審判をさせて頂いても
焼け石に水。

またボランティアで審判をする人がいると
状況が改善されないままな可能性も高くなります。

私がすべき努力は

前回の様なブログを書き、皆に状況を知ってもらう。

そして
審判員さんに
せめて日給2万〜3万、交通費別途

労力に見合う対価を支払う環境になるような方向に持っていく事です。

実際に過去に2回ほど大会運営を任された事がありますが
その経験からも、審判員さんに2万円~3万円の給料を支払うのは十分可能だと思います。

またクレームを聞き入れる位、
審判の質を上げていけるので
審判のプロ化は必要になると思います。

みたいな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です