日本の教育?風潮は

日本の教育?風潮は
①「普通」という基準に重きを置いている。(長所を伸ばすより、短所を補う方が優先)
②結果を出すことより、努力する事自体に美意識を持っている。
③新しい発見や意見より固定概念、今までの決まりを重視する保守主義。
のような気がします。

業種によりますが、社会人になり成功してる人は大抵逆の考え方をしています。
(私の周りだけかもですが)

①に関しては
短所を補う事に力を入れるより、まずは長所を伸ばす方が先じゃないかなと。

1つの物をある程度極めたら、他の事で普通レベルになるのは大抵の事ならすぐ出来るようになるんですよね。

自分に向いてる事なら覚えも早いので苦にならず、結果も出やすいのでやる気も出て、
結果が出ると自信が付き、頑張る大切さ、楽しさが分かります。

すぐに対応が求められる物なら話が別ですが、嫌いな事、苦手な事を無理やり頑張らせるのは、上手くいった経験をした後でないと失敗しやすく、時間を無駄に使ってしまうんじゃないかなと思います。

②③についても意見はありますが、長くなるのでカット。

賢い人。凄い人が出てきにくい仕組みになっているので、日本でスポーツ等の勝負事、商売して結果を出すのはそんなに難しくないと思います。

とか、生徒に何かを教える先生は言わないですよね。
良い悪いは置いておき、最近先生らしくないのは分かってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です