常識が変わる

空手やテコンドーで日本一になる子の親に経営者、社長さんが多い理由①

コロナ前から
常識・多数派の考え方の変わるスピードは凄く早かったのですが、
これからはもっと加速していくと感じています。

例えば
私が道場で気を付けている事ですが

「自分が人(生徒)より上と思わない」

・年上だから
・テコンドー歴が長いから
・帯の色が上

そんなんに大した価値はありません。

帯の色どっちが上?
自分の方がテコンドー歴が長い

そういうのを意識して
自分と相手、どちらが上かを考え
態度や言葉を変える様な人は
鬱陶しいですし、
周りにいる人を嫌な気持ちにさせているんですよね。

なので、内の道場では
それをさせない雰囲気にしています。
権威主義的な考えの人は居心地が悪いと思います。

ただ、これ、
全ての道場でそうなっていきます。

先生の言う事は正しい!
先輩には逆らってはいけない!

スポーツ、格闘技業界は狭い世界でずっといる人が多いからか
こういう古い体質がまだ通用しているのですが
これからは通用しなくなります。多分。
ま、どうでも良いですが

こういう思想的な物から

・いちいち出勤する無駄がなくなり、在宅ワークがそのまま残る会社も多くなる
・雇うという形態が無くなっていき、みんな個人事業主になっていく

などなど
無駄な事、道理に合わない事、本質がない事
はどんどん消えていくと思います。
ま、これもどうでも良いです!

何といいますか
暇ですね。
趣味とか仕事を増やして、時間を有効に使わないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です